ビタミンKは何のために役立つか。 利点と特性|NutriTienda

ビタミンKという用語は、2-メチルナフトキノンに由来し、その主な機能は血液凝固プロセスへの介入であるビタミン物質のセット

ビタミンKは三つの異なる形で存在します:

  • Phylloquinoneかphytomenadione、ビタミンK1としてよりよく知られている。 それは天然起源のビタミンであり、その分子構造にはイソプレノイド側鎖がある。 それはまた、肝臓、豆類、トマト、全粒穀物などの他の食品に存在しているが、その主な供給源は、暗緑色の葉野菜(ほうれん草、ブロッコリーや芽キャベツ)です。
  • メナキノン、より良いビタミンK2として知られています。 それはまた、可変長のイソプレノイド側鎖を有する(それは5〜15イソプレンの間を有することができる)。 この形態のビタミンKは微生物起源のものであり、ヒトの腸内細菌叢によって少量で産生され得る。
  • メナジオンおよびそのヒドロキノン形態、メナジオール; これらはK3ビタミンとして知られており、合成起源のものであり、それらの構造には側鎖がない。

ビタミンKは一般に脂溶性ビタミンですが、メナジオンとメナジオールのいくつかの塩は水溶性であり、例えば非経口摂取に使用することができます。

ビタミンKの吸収と代謝

ビタミンKは脂溶性ビタミンであり、胆汁塩と膵液の助けを借りて吸収されます。 食事から来るphytoquinoneかphytomenadioneの形態は上部の腸の部分(空腸および十二指腸)の活動的な輸送によって吸収されます;間、腸の微生物叢によって総合されたときメナキノンの形態で、最後の腸セクション(コロンおよび回腸)の簡単な拡散によって吸収されます。

ビタミンKが腸内細胞に見つかると、それはキロミクロンに組み込まれ、肝臓に到達します。 ビタミンKは、低密度リポタンパク質(LDL)と非常に低密度リポタンパク質(VLDL)によって他の組織に輸送されます。 脂溶性であるにもかかわらず、このビタミンは体内に控えめに保存され、それが最も見つかった場所は肝臓にあります。 最後に、ビタミンKは胆汁塩および尿を通して排泄される。

ビタミンKの代謝機能

ビタミンKは血液凝固の調節に非常に重要な役割を果たしています。 凝固に関与するタンパク質(プロトロンビン、第VII因子、第IX因子、第X因子およびタンパク質C、SおよびZ)は、ビタミンK(カルボキシル化)の作用のおかげ ビタミンKによってカルボキシル化されたすべてのタンパク質はGLAタンパク質と呼ばれ、骨組織、膵臓または肺などの他の組織にも現れる。 いくつかはまた、カルシウム代謝に関連しており、最もよく知られているのは骨組織のオステオカルシンであり、骨の石灰化において重要であり、一般的に代謝の調節のためのホルモン機能を有するようである。 また、動脈石灰化を阻害するマトリックスGLA-タンパク質(MGP)や、細胞増殖の調節に重要な役割を果たすGAS6などの他のものもあります。

それは何のためですか?

ビタミンKは多くの生物学的機能に必要であり、その欠乏はあまり一般的ではありませんが、その機能を確保するためには十分な消費が不可欠で

骨疾患および骨折の予防。

ビタミンKは主に凝固機能で知られていますが、骨代謝も非常に重要な役割を果たしています。 骨の主要なGLA蛋白質はビタミンD3からのosteoblastsによって総合され、osteocalcinと呼ばれます。 ビタミンKは機能がカルシウムを結合し、osteoidマトリックスの沈殿させることであるosteocalcinに機能性を与える必要な補因子です。 したがって、低レベルのビタミンKは骨の健康に悪影響を及ぼし、一部の研究では低レベルのビタミンKに関連し、骨折のリスクが増加しています。

いくつかの研究では、ビタミンKの毎日の摂取は、閉経後の年齢の骨折から保護し、低レベルのビタミンKを骨密度の低下と結び付け、骨粗鬆症ま 一方、ビタミンKを多く含む食事療法がこれらの病態の治療・予防として提案されている研究が多く、現時点ではビタミンK1の高用量が骨密度の有意な増加をもたらすことは示されていないようですが、骨強度を改善し、骨折指数を減少させる有意な結果を示すものもあります。それでも、これらの効果を確認できるように研究を継続する必要があります。

血管石灰化。

血管石灰化は、血管または血管組織が石灰化し始めると起こります。 ビタミンKは、マトリックスGLAタンパク質(MGP)の生物学的活性化を仲介するので、血管および組織の石灰化の発達および進行を阻害する上で非常に重 軟部組織石灰化を阻害するためには,蛋白質をカルボキシル化する酵素補因子としてビタミンKを使用する必要があり,この蛋白質の量が十分でないと血管石灰化のリスクが高まることが示されていると思われる。

さらに、ビタミンK含有量が高いと、抗凝固薬で治療した場合、大動脈石灰化を逆転させ、動脈弾力性を改善できるかどうかが研究されていますが、こ

投与量

欧州連合における基準日摂取量は75マイクログラムである。

使用上の注意

ビタミンKの消費は安全であり、脂溶性ビタミンであるにもかかわらず、過剰消費による毒性の症例は報告されていない。

高用量のビタミンKを毎日摂取しても凝固因子が高くならず、血栓のリスクが排除されることが示されています。

ワルファリンなどの抗凝固薬を服用する場合は、ビタミンKがこれらの拮抗薬として作用し、その作用を妨げる可能性があるため、注意が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。