入院時の褥瘡有病率 | Pandora

ディスカッション

この研究では、特別養護老人ホームから入院した患者は、別の場所(通常は自宅)から入院した患者よりも、入院時に既存の褥瘡を有する可能性が5倍以上高かった。 交絡因子を調整すると,または実質的に減少し,過剰有病率の多くは,特別養護老人ホームから入院した患者の褥瘡危険因子の有病率が高いことに起因することを示唆した。 しかし、危険因子を調整した後でさえ、既存の褥瘡のORは、特別養護老人ホームから入院した患者では、別の設定から入院した患者よりも50%高く、ORは統計的に 褥瘡の存在は、椅子またはベッドバウンドであること、ベッドに入ることができないこと、糞便失禁、および栄養リスクと強く有意に関連していた。 これらの結果は、以前の研究11-13と一致しており、これらの変数が褥瘡危険因子として知られている状態のために交絡因子として選択されたため、驚くべきことではない。 老人ホームからの移動が入院時の褥瘡有病率と強く関連しているという事実は、老人ホーム入院の危険因子(例えば、機能依存性、可動性障害、失禁)の多くも褥瘡危険因子であるという事実によって、少なくとも部分的に説明される可能性がある。

ドイツ、デンマーク、英国、米国の5件の研究で報告されている入院時の褥瘡の有病率は1.1~6.6%の範囲である。14-18これらの研究にはすべての年齢の入院患者が含まれており、年齢固有の有病率を報告していないため、これらの結果は65歳以上の患者に限定された私たちの研究の結果と比較することはできません。 以前の五つの研究では、主な目的は、入院中の患者の褥瘡の発生率または有病率を推定することであり、入院時の褥瘡に関する結果は二次的であった。 Williams et al.による唯一の研究。、19は、病院への入院時の褥瘡に特に焦点を当てています。 ハワイの軍事医療施設に入院した267人の患者のその研究では、入院時の有病率は12.7%であった。 これは6よりも高いです。私たちの研究では、リスクが高い年齢層(65以上)への適格性が制限されていましたが、現在の研究では6%が観察されました。 Williams et al.の有病率が高いのは、Williams et al. 研究は、患者の大部分が外科的患者であったが、我々の研究は医学的患者に限定されていたという事実によって説明されるかもしれない。 また、Williams e t a l. 研究では、患者は、医学的または外科的評価のために環太平洋地域全体の様々な場所から輸送された。 著者らによると、これらの患者は、おそらく通常の現役病院患者よりも病気の人口を表しており、ハワイ医療センターへの長い輸送中に褥瘡が発症した19入院時に少なくとも一つの褥瘡を有する患者の褥瘡の数は、我々の研究(平均1.6)でWilliamsらよりも高かった。 研究(平均1.2)。 両方の研究では、観察された圧迫潰瘍の約10%がステージ3または4であった。 しかし、Williams et al. 研究では、ステージ1圧迫潰瘍の割合ははるかに高かった(52。5%)私たちの研究(6.1%)よりも。

本研究では、入院時に観察された褥瘡の発症時期を確認することができませんでした。 老人ホームから入院した患者については、居住者が老人ホームから退院した時点でほとんどの褥瘡が存在していたと仮定することは合理的である。 これは、そのグループの褥瘡の99%がステージ2以上であったという事実によって支持されている。 しかし,入院時に観察された圧潰ようの中には,特別養護老人ホームでは獲得されず,特別養護老人ホームから病院への救急搬送中に発症したものもある。20

この研究の主な強みは、大きなサンプルサイズです。 研究患者のほぼ70%がアフリカ系アメリカ人であったという事実は、少数派の褥瘡に関する知識の不足を考えると、強さです。2また、特別に訓練された研究看護師による直接観察によって褥瘡の状態が確認された。 関連するサブスタディでは、デジタル写真からの褥瘡の感度と特異性(金本位として二つの創傷専門家によるコンセンサス評価)は、それぞれ97と81%であった。21この研究の一つの制限は、圧迫潰瘍の危険因子のいくつかのかなり鈍感な尺度に関連している。 例えば、認知障害、失禁、および活動の私たちの尺度は、研究看護師による単一の簡単な観察に基づいていました。 さらに、危険因子は、入院患者ユニットへの入院後約48時間後に評価されたが、結果、既存の圧迫潰瘍は、入院前の期間を指す。 栄養、BMI、不動などの危険因子に関する患者の状態は48時間にわたって安定している可能性が高いが、不十分に制御された交絡の可能性を排除することはできない。 残存交絡の可能性はまた、併存疾患および薬物使用などの特定の褥瘡危険因子に関する情報がこのデータセットで利用できなかったという事実によ これは、親の研究では、医療記録の抽象化は、病院後天性褥瘡患者および非症例のサブセットに対してのみ行われたという事実の結果であった。 したがって、コホート全体に基づいた現在の分析では、研究看護師による評価中に収集された情報にのみアクセスできました。 もう一つの制限は、親研究が病院後天性褥瘡に焦点を当てたため、<3日間の入院患者は含まれていなかったことである。 したがって、この研究の結果は、非常に短い滞在を有する患者に一般化されるべきではなく、したがって、重症度の低い病気を有する可能性がある。 また、文化的要因や医療資金の違いが老人ホーム入院のタイミングや基準に影響を与え、老人ホームから病院への移行の基準に影響を与える可能性があるため、研究の結果は米国以外の国に一般化できない可能性がある。 圧潰ようの約三分の一は壊死組織またはドレッシングによって隠されていたために不安定であった。 しかし、壊死組織または包帯の存在がより重度の創傷を示唆しているため、これらの褥瘡はステージ2以上であった可能性が高い。 最後に、この研究のデータは1998年から2001年の間に収集されたことを覚えておく必要があります。 急性ケア環境における褥瘡の有病率は、この期間にわたってかなり安定しており、22入院時の褥瘡の有病率が変化した可能性を排除することはでき

我々の結果は、特別養護老人ホームの患者は、他の患者よりも病院への入院時に褥瘡を有する可能性が5倍以上であることを示している。 この関連が因果関係ではないとしても,特別養護老人ホームからの入院は褥瘡リスクの重要なマーカーであることは明らかである。 EDのような使用中の設定では、年配の療養所の居住者は頻繁に家族か友人なしで着き、彼らの慰めおよび安全のための支持者なしで病院の設定を入 患者が病院に到着したら、既存の褥瘡の強い相関関係としての老人ホームからの入院の病院スタッフの意識、および病院後天性褥瘡の強力な予測因子は、予防および治療措置のタイムリーな実施を可能にする可能性がある。

メディケアの将来支払いシステムの開始により、老人ホーム居住者の急性ケア施設への移転がより頻繁に発生し、23、24、老人ホーム居住者の四分の一以上が毎年急性ケア病院に移転されている。4,5老人ホームの居住者の間では、圧迫潰瘍を有することは、入院の可能性が高いことに関連している。4さらに、多くの老人ホームの住民は、適切な転送文書なしで病院に転送され、25および褥瘡は、転送文書で過少報告されています。26私たちの結果は、ケア設定25、27の間の移行にわたってケアの継続性を維持し、病院への転院を必要とする老人ホーム住民の安全性を向上させることの重要性を強調している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。